1. TOP
  2. rl360
  3. ロイヤルロンドン(RL360°)を契約するには

ロイヤルロンドン(RL360°)を契約するには

rl360 ロイヤルロンドン
この記事は約 3 分で読めます。

ロイヤルロンドン(RL360°)を契約するには
ロイヤルロンドン(RL360°)を購入または契約するということは、つまり、積立投資や一括投資をはじめる事を意味します。

rl360などオフショア投資のセミナー動画

さて、このロイヤルロンドン(RL360°)と契約するにはどうすれば良いのでしょうか?

ロイヤルロンドン(RL360°)では、契約手続きを含む基本的なサービスの提供、手続き業務を代理店(IFA 独立ファイナンシャルアドバイザー)へ委託をしております。
そのため、仮に直接ロイヤルロンドンへ連絡をして申込または契約を依頼しても代理店またはIFAを通すように伝えられます。

なぜならば、ロイヤルロンドン(RL360°)自体は、契約者(運用者)の資産の管理及びファンド会社とのやり取り業務に特化しているためです。
ロイヤルロンドン(RL360°)で契約をして積立投資または一括投資を始めるには、投資家(契約者・申込者)のライフプランやリスクやリターンに応じた運用方針の決定や投資ファンドの選択が求められるため、IFAによるコンサルティングが必要とされるためです。

従いまして、投資家(契約者・申込者)は、自分自身のライフプランやリスク・リターンについて一緒に相談にのってくれる良きパートナー(IFA)の選択が必要になります。

資料請求・IFAのご紹介・マッチングサービスを依頼される方は、下記リンクよりご入力下さい。
(約3分程で入力ができます)
→ IFAのご紹介依頼はこちらから

弊社では、北海道から沖縄まで日本全国そして、海外居住者の方へのコンサルティングとサポートで長い経験と実績がございます。

IFAでは、契約者の依頼に基づきファンドの入替えなど運用指示を行ったり、住所変更、支払い方法の変更などの手続きを代行します。
また、このパートナーであるIFAはロイヤルロンドン(RL360°)との契約中にいつでも変更や契約の解除ができるため、運用に対して成果を出さないIFAや、しっかりと役目を果たしてくれないIFAであれば契約者の意思により新しいIFAと契約をする事ができる仕組みになっています。

これをIFAの移管やIFAの変更、移籍といいます。
もちろんこのIFAの移管や変更、移籍を行ったとしても、自身の口座であるロイヤルロンドン(RL360°)での契約は継続されます。

IFAの変更移管をご希望される方は、下記よりご依頼下さい。
▼IFA変更希望入力フォーム
→ IFAの移管、変更はこちらよりご依頼下さい。

現在、ロイヤルロンドン(RL360°)では、世界中で保険契約者は、6万人以上に上り、300人以上の従業員(経営陣含む)の下で契約者の管理や運用マネジメントが行われています。
その預かり資産(運用資産)は100億ドルを超えています。

ロイヤルロンドン(RL360°)のビジネスは、アジア、アフリカ、中東、ラテンアメリカそして、UKで展開されており、
契約者の所在地は世界各国に渡っています。

\ SNSでシェアしよう! /

ロイヤルロンドン | 信頼できるifaを無料でご紹介するオフショアマッチングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロイヤルロンドン | 信頼できるifaを無料でご紹介するオフショアマッチングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
【無料】IFAご紹介、資料請求受付中
こんにちは、

ファイナンシャルアドバイザーの森口貴栄です。

現在、FP事務所を経営し、4歳になる娘の父でもあります。

専門は、海外を活用した資産分散と海外投資で約10年になってきました。

主に、香港、シンガポール、スイスといった世界の一流金融センターを活用して
本物の海外投資・オフショア投資をしています。

私自身のビジネスを通して貢献していきたい事は、

15年以上の海外投資経験と人脈を活かして、
グローバル経済に適応した世界レベルの資産分散と資産形成のサポートです。

かつて世界第二位の経済大国であった日本も、
数年前に中国に追い抜かれ、その中国は今やドル換算で日本の2倍の経済規模に成りました。

今や、世界における日本のGDP(経済規模) はたったの6%台に過ぎません。

しかしながら、そのたった6%の経済規模の中に多くの日本人は、
毎月の収入も日本円、蓄える資産も日本円と非常に片寄った資産形成をしているのが大多数です。
つまり、リスクが一点に集中した状態に陥っている現状があります。

私はこれは将来への資産設計を考える上で、とても大きなリスクだと考えています。
たとえ、毎月の収入が日本円のみであったとしても、
貯めていく資産の半分または、ほんの一部だけでも日本円以外で構成していく事は、もはや簡単な時代です。
気が付いて、実行ができるかできないかだけの差であると思います。

私は一人でも多くの方と正しい情報を一緒に共有し、
世界の経済成長が、ご縁を頂きました皆様の資産成長につながり、世界を一緒に楽しむ事ができる人生にしていきたいと考えています。

株式会社ウィズダムライフ
代表取締役 森口貴栄
IFA・資料請求はこちら

この人が書いた記事

  • ロイヤルロンドン(RL360°)を契約するには

  • 海外積立投資ロイヤルロンドン(RL360°)もインベスターズトラスト(ITA)も高還元クレジットカード決済で30万円もお得!年会費無料編

  • ロイヤルロンドン(RL360°)での金利はどうなっているのか?

  • ロイヤルロンドン(RL360°)の運用実績はどうなのか?2020年【5月更新】

関連記事

  • ロイヤルロンドン(RL360°)の運用実績はどうなのか?2020年【5月更新】

  • IFAの変更・移管サービス

  • ロイヤルロンドン360の特徴

  • ロイヤルロンドン(RL360°)の契約は違法なのか?

  • エクイティファイナンス

  • オフショア投資をはじめるには